--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害協定締結 H24.03.27

2012年05月31日 15:29

このたび(有)花蘂水産は、様似町内で災害が発生した場合、必要に応じて支援活動の協力をするため、様似町と災害協定を締結しました。

==*== 協定内容 ==*==
様似町が災害対応を行う場合、必要に応じて食料品の供給やトラック等を町に貸与。
被災者支援としてトイレや飲用水の提供など。
====*====*====*====


 島国である日本で言う「災害」は主に地震や津波を多く想定しますが、近年日本中の各地で「記録的」と言う言葉を引用した大災害が多発しています。
 最近では、茨城県での竜巻をはじめ、豪雨・突風を伴う大型台風などによる土砂崩落・ライフラインの寸断など復旧に時間を要する天災が目立ちます。
 もちろん、非常事態に対する個々の防災意識の向上や防災対策の強化。多様な災害を想定した家族間での避難路の確認。安否確認方法の統一も重要な防災活動ですが、自治会・事業所・行政の迅速かつ的確な連携が被害を最小限に抑える最善の防災ではないでしょうか。

以上の観点から、花蘂水産として災害時にどれだけ地域貢献ができるかを検討し様似町と協議した結果、上記協定内容の通りになりました。


さて、皆さんはどんな防災対策をしていますか?
内閣府では、災害被害を軽減する国民運動のページを公開し
地震や水害などの被害に遭われた方々に「災害の一日前に戻れるとしたら、あなたは何をしますか」と問いかけ、その体験談をホームページで公開する試みを実施しています。

120531.png

一日前プロジェクトのページへGO! http://www.bousai.go.jp/km/imp/index.html)

様似町のホームーページ(http://www.hokkai.or.jp/samani/)コンテンツの「防災情報」でも
「様似町地域防災計画概要編」や「防災マップ」などを公開しております。

昨年の津波では、様似町も被災地となりました。
辛い経験が風化する前に、体験談や経験、防災マップをもとに
自分にできる防災対策を見直してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト


最新記事

Creative Commons License

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。