--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

様似の若き芸術家

2011年07月29日 16:02

様似町在住の画家といえば・・・?

それは “南 健雄”氏ではないでしょうか。

第8回北の大地ビエンナーレ(全国絵画公募作品展)では

全国絵画公募作品展への応募は初めてながら堂々の佳作入選を果たし、

今や北海道を代表する画家の1人として注目されています。

  <第8回北の大地ビエンナーレ>

   期間:7月10日(日)~8月7日(日)

   場所:中札内村文化創造センター



南氏は地元企業に勤める傍ら様々な地元イベントにも数多く携わっています。

様似町民には馴染み深いアポイの火まつりのシンボル「ねぶた」の製作や

凧上げまつりの大凧の製作も手掛けていらっしゃいます。


7月には帯広市のギャラリー(Wood Soundさん)にて個展が開催されましたが

8月は浦河町常盤町のガーデンソングさんにて個展が開かれます。

南さんより浦河での個展の案内カードをいただきました。


minami_koten.jpg

  <南 健雄氏 個展のお知らせ>

    期間:8月1日(月)~8月31日(水)

    場所:手作り家具とCaféの店 ガーデンソング

    時間:AM9:00 ~ PM6:00

        (ガーデンソング Café営業時間 AM11:00 ~ PM5:00)



こちらの案内カードに使われている油彩画が北の大地ビエンナーレで佳作になった作品「冬の川辺」です。

南さんの作品は鉛筆スケッチの作品が多いのですがこうした油彩画はまた一味違います。

様似の若き芸術家の作品を見ることのできるせっかくの機会ですので、是非みなさんもご覧になってくださいね。



スポンサーサイト


最新記事

Creative Commons License

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。